The Expedition Day

主催:日本山岳協会・日本山岳会・毎日新聞社 ~エッジなクライマー+山岳スキーヤーによるトークライブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ありがとうございました

9月11日のTHE EXPDETION DAYにお越しくださった皆様へ

貴重なお時間をありがとうございました。
聴衆のみなさん、出演いただいた6人の方々、そして、協賛いただいた左記6社のおかげで、無事終えることができました。

至らない点も多く、ご迷惑をおかけしたかと思います。
忌憚なきご意見をいただければ幸いです。
ぜひ、theexpeditionday@gmail.comにお便り願います。
今後の糧にしたいと思います。

当日、ビデオ撮影をしました。
それについて、何らかの形でwebにアップできないか検討中です。

しばらくこのブログもこのまま設置しておき、ビデオアップできる場合は、ブログにてお知らせいたします。

心から、ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2010/09/13(月) 18:44:29|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Expedition Day 開催のお知らせ

The Expedition Day~エッジなクライマー+山岳スキーヤーによるトークライブ
「なぜあなたはextremeにチャレンジするのか」


★9/11当日参加申し込みも受けます!

★イベント前日のため、web画面上で申し込みができないことが続いています。当日お越しいただければ、その場でご入場できますので、ぜひお越しください。

★直前申込みいただいた方など、参加受付証が未着の方が出てきています。当日受付にて、その旨をお伝えの上、ご入場ください。


みなさんは、extreme(エキストリーム)な世界にチャレンジし続けている人たちを知っていますか。
きっとどの世界にもそのようにエッジを行く人たちはいるはずです。
山の世界にもいます。
しかも、近年、世界的に大きな注目をされているエキストリーマーが、日本の山の世界には何人もいるのです。

過酷な自然環境のなかでリスクテイクしながらもなぜ彼らはextremeな世界にチャレンジし続けるのでしょうか。
9/11には、とびきりのクライマー、山岳スキーヤー、アドベンチャーレーサーなどが、集合します。
そして、extremeな世界にチャレンジし続けるそのモチベーションを語ってもらいます。

ぜひ多くの方々のご参加をお待ちしています。

【日時】
2010年9月11日(土曜日) 13:30~17:00

【場所】
国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区代々木神園町3-1)

【主催】
(社)日本山岳協会、(社)日本山岳会、毎日新聞社

【出演】
平出和也(クライマー)、谷口けい(クライマー)、佐々木大輔(山岳ガイド、ビッグマウンテンスキーヤー)、佐藤佳幸(映像カメラマン、アドベンチャーレーサー、山岳スキー競技選手)、
間瀬ちがや(トレイルランナー、山岳スキー競技選手)、中嶋徹(クライマー)
*出演者のプロフィールなど詳細は、今後アップするブログをご参照ください。

【会費】
500円(資料代・当日集金・おつりなきようお願いいたします)

【内容】
「なぜあなたはextremeにチャレンジするのか」をテーマに各出演者からのスライドや動画を使いながらこれまでの活動内容を話してもらい、その後、全出演者で座談会を行います。

【申し込み方法】
1)ハガキ 〒100-0003千代田区一ツ橋1-1-1毎日企画サービス「The Expedition Day」
2)Fax 03-3212-0405
3)インターネット ココへ (7月中に開設します)
上記のいずれかに、①お名前(ふりがな)②郵便番号③住所④電話番号⑤年齢⑥職業⑦参加人数⑧当日参加者に聞きたいこと(あれば)を明記のうえお申込みください。

【問い合わせ先】
1)参加に関する問い合わせ
毎日企画サービス「The Expedition Day」係 電話03-3212-2271

2)雑誌記載、取材など内容、出演者への質問に関する問い合わせ
The Expedition Day実行委員(柏 澄子) theexpeditionday@gmail.com 

☆今後このブログにて、出演者の方々の横顔を紹介したり、また出演者への質問を受け付けたりします。
(質問も参考にしながら、当日の座談会の内容を組み立てていきます)  
 

  1. 2010/09/11(土) 18:40:21|
  2. The Expedition Day 概要
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

聴衆のみなさんからの質問

The Expedition Dayにお越しくださるみなさんへ

申込みの際にいただいた、出演者のみなさんへの質問について、ここにリストアップします。
全質問にお答えできるか……時間が許す範囲でがんばってみます。

昨晩、谷口けいさんにお会いしましたが、みなさんの質問が、自分自身のことを考えるきっかけになったと話していました。

1)山行の実際について、できるだけ詳しく教えてください。

2)こだわりの道具はなんですか。

3)登山ガイドをフランスのように国家資格にできないのでしょうか。

4)なぜ極限の世界に?

5)最近中高年齢者の登山が増え、昔だったらエキスパートが行くような冬山も中高年齢者が平気で行っており、遭難が多発しております。過信というか、怖いもの知らずというか由々しきことです。装備がよくなりた食料もレトルト食品等進歩して交通手段も発達しアプローチが非常に短くなっているから簡単に冬山もいけるからだと思います。この点の規制はどのように考えているのでしょうか?何か規制が必要ではないでしょうか?

6)次はどこに行くのでしょうか。

7)山の中で自分のコントロールやパフォーマンスの限界を超えてしまった瞬間がありますか、またそこからどのように通常の自分に戻ったかを教えて下さい。

8)それぞれの活動する世界に最初に関わった時は何時のころでしょうか?そしてそれを続けている理由はなんでしょうか。

9)間瀬ちがやさんへの質問数々の山岳レースでの輝かしい実績をみると、普段どのような練習をしているのか、あるいはどのくらいの頻度で山歩きや、山走り?をしているのか気になります。

10)怖くなって(嫌になって)やめたくなった時はどうやってモチベーションを維持していますか?

11)今までで一番しびれたのはどんな時でしたか?

12)今後、何かの事故で後遺症(手足の切断、失明、臓器損傷など)が出ても引き続きextremeに挑みますか?

13)国内登山一般ルートは大体通過しています。今夏も立山・剱岳に10日入っていました。少しバリエーションに入っています。今冬から久し振りに立山初スキーです。山スキー、靴共、予約新調です。登山・スキー全般のお話を伺いたいです。

14)昨今の山に集う人に対して思うところ

15)けいちゃんと大輔君の大、大ファンです。ぜひお逢いしたいのです。楽しみにしてま~す!!

16)山岳レースあるいはアドベンチャーレースに参加経験のある方へのクエスチョン レースに於いて賞金は出るのですか。出るとするなら金額又、参加申込金額等。健康補助食品と言われいる固形物、食品は利用していますか。今後のレース予定はありますか。普段どの様な健康維持的な事(マラソンとか)を行っていますか。

17)季節それぞれの山岳の危険性について

18)Etremeに挑戦し続ける原動力が何なのか、ぜひお聞きしたいと思います。

19)佐々木大輔さんへ
山スキーをしていて死ぬかなあと思ったことは? ・どうやって極限を極めているのですか?心構えは? 
谷口けいさん&間瀬ちがやさんへ
女性がアウトドアスポーツをするのにハンディはあると思いますか? 日頃から基礎体力作りなどどんな事をしていますか?毎日の食生活で気をつけていることは?

20)登山の経験の中で、最も感動した事は?

21)今の 空前の山ブームをどう思いますか?谷口さん、間瀬さんへ:女性が体力維持するにはどうしたら良いのでしょうか?
  1. 2010/09/10(金) 12:12:47|
  2. 出演者に聞きたいコト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【プロフィール】間瀬ちがやさん

間瀬4-2

間瀬ちがやさん(43歳)

1967年生まれ。
夫と一緒に、息子、娘、キジトラ猫1匹と、東京郊外に暮らす。
高校のワンダーフォーゲル部で山に出会う。
若くして結婚し、その後も夫とともに登山やマウンテンバイク、スキーなどを楽しむ生活だった。
たくさん食べても太らないようにと妊婦のころからジョギングを続け、長女出産後には、トレイルランニング(山岳レース)に出るようになり、国内の女性では向かうところ敵なし。

2004年からトランス・ジャパン・アルプス・レース(日本海をスタートし、北アルプス・中央アルプス。南アルプスをつないで太平洋がゴール。時間制限は1週間と1日。2年に1度開催)に出場し、2006年は男性選手をおさえて優勝。

「トレランよりも山をゆっくり歩くことが好き。短いレースには“生活”がないけれど、(1週間のような)長いレースには寝て食べての生活が含まれてくるから楽しい」という。
2007年からはツール・ド・モンブランなどの海外のトレイルランニングレースにも出走。

また、同じ頃から国内外の山岳スキー競技にも参戦するようになり、今年はアジア大会で優勝。
近年Adventure Divasで、トレイルランニングの講師を務める。山は走ったり歩いたりするだけでなく、「イチゴ摘みや川遊びなど面白いことがたくさん」。そういった魅力を多くの人に知ってもらいたいという気持ちだという。

1999年 北丹沢山岳耐久レース女子2位(初の山岳レース出場)、日本山岳耐久レース女子優勝(当時のコースレコード)
2000年 北丹沢山岳耐久レース女子優勝(以来2007年まで毎年優勝、日本山岳耐久レース女子優勝
2001年 日本山岳耐久レース女子優勝
2004年 トランス・ジャパン・アルプス・レース2位、日本山岳耐久レース女子優勝
2005年 日本山岳耐久レース女子2位
2006年 トランス・アルプス・ジャパンレース
2007年 OSJハコネ50㎞女子優勝、日本山岳耐久レース女子優勝、ツール・ド・モンブラン166㎞女子42位、ケプラーチャレンジ60㎞(NZ)女子優勝
2008年 トランス・アルプス・ジャパンレース優勝、ケプラーチャレンジ㎞(NZ)女子優勝
2009年 ツール・ド・モンブラン166㎞女子9位
2010年 山岳スキー競技アジア選手権(韓国)女子優勝、UCCC(クールマイヨール→シャモニ)女子8位、年代別40代2位
masechigaya2.jpg
  1. 2010/09/10(金) 12:00:25|
  2. 出演者profile
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

【プロフィール】谷口けいさん

taniguchi kei2-1

谷口けいさん(38歳)

1972年生まれ。

仕事は、野外研修ファシリテータ―であり、山岳ツアーリーダー。

小さいころから体育は大の苦手だったという。しかし、山や自然が大好きで、山に登ることが生活の一部となっていた。大学時代、自転車部に入り、日本各地をツーリングしては、その土地の山に登っていた。アルバイトで始めたメッセンジャー(自転車便)の仲間たちと、アドベンチャーレースに出るようになった。山をフィールドにした活動であれば、登ること、走ること、MTB、カヤックやラフティングなどなんでも楽しかった。


野口健さんのエベレストやマナスルの清掃隊に参加することも多く、ここでもヒマラヤ登山の経験を積み、エベレストとマナスルに登頂した。
その後、登山のパートナー平出和也さんとは、インド、パキスタン、チベットなどの各地の山を登ってきた。中国新疆自治区のムスターグアタに登ったあと、インドまで陸路で旅をしてシブリン北壁の新ルートを開拓するなど、登山の中にも旅心がある。

2008年にカメット南東壁に新ルートを拓き登頂したことにより、女性初のピオレドール賞を受賞した。受賞そのものよりも、賞授与のために招かれたシャモニで、各国の新旧クライマーたちと親交を温め、ともに登ったことが大きな財産となったという。今年は、ピオレドール賞の審査員として、シャモニの会場を再訪した。

自分をたとえるのならば、「登山家」や「クライマー」よりも「旅人」がしっくりくると。
テーマは「自分自身の限界への永遠の挑戦」。枠を作らず、限界を作らず、山を味わい続けたい。

【略歴】
2001年 デナリ登頂(6194m・アラスカ)、
    北丹沢山岳耐久ラン(女子3位)、X-adventure北海道(17位/YINGEN)、伊豆アドベンチャー(総合1位    /サムライスピリッツ)、セルフディスカバリーin王滝(総合1位/East Wind Eco―Challenge)、エ    コチャレンジin NZ(11位/AXa N East Wind)
2002年 エベレスト清掃隊(BCマネージャー)、
    北丹沢山岳耐久ラン(女子4位)、MTB100㎞+MTラン42kmin王滝(女子総合1位)、北アルプス山麓アドベ    ンチャー(総合4位、女子1位/インゲンギャルズ)、山岳耐久レース長谷川恒男カップ(総合39位、女子3    位)、サザントラバースin NZ(カッパクラブジャパン)
2003年 エベレスト清掃隊(C3・7300mまで)、韓国・仁寿峰クライミング
    北丹沢耐久山岳ラン(女子3位)、セルフディスカバリーin王滝(総合8位、女子チーム1位)、GEAR4(総    合3位/大和撫子旋風)、アドベンチャーin山北(総合2位/大和撫子旋風)、白馬山岳ペアラン(総合7    位、女子1位/大和撫子旋風)
2004年 韓国・雪岳山アイスクライミング、ゴールデンピーク(7027m・パキスタン)北西稜・登頂。ライラピーク    (6200m・パキスタン)東壁新ルート・登頂
    妙高スノーシュー大会(1位)
2005年 ムスターグアタ(7564m・中国新疆自治区)東稜第2登、シブリン(6543m・インド)北壁新ルート・登頂
2006年 マナスル(8163m・ネパール)登頂
2007年 エベレスト(8848m・ネパール/中国チベット自治区)に、チベット側から登頂
2008年  カメット (7756m・インド) 南東壁新ルートより登頂、
    これにより「読売スポーツ賞」「第17回ピオレドール」受賞。
2009 年 キンヤンキッシュ(7400m・パキスタン)ガウリサンカール(7134m・中国チベット自治区) 北東壁新ルー ト挑戦
kei1.jpgkei2-2.jpg
  1. 2010/08/23(月) 08:02:17|
  2. 出演者profile
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。